3D6?

雑記。

ビール類の酒税が統一

 現在、ビールの税額は350ミリリットル缶で77円、麦芽比率25%未満の発泡酒が47円、麦芽を使わないものもある第3のビールが28円。類似商品の税額格差は、公平性や企業の商品開発をゆがめ、ビールの国際競争力の低下を招いている。
 税額を全体の税収規模が変わらない約55円にそろえれば、ビールは値下げになり、発泡酒第3のビールは値上げになる。安くなったビールを飲む消費者が増える可能性はあるが、安い第3のビールなどを飲んでいる人の負担は増える。

ビール類55円 酒税統一、32年度から 政府・与党調整 5年かけ3段階で (産経新聞) - Yahoo!ニュース

ビール類はビールしか飲まない私にとっては嬉しいニュース。何しろ発泡酒・第3のビールはおいしくない。発泡酒・第3のビールを飲むくらいならば、サワー類を飲む。
これで、ビールの代替品としての発泡酒・第3のビールは市場から消えることになる。これまでのメーカーの企業努力を無にする、との批判もあるようだけれど、共感できない。メーカーの企業努力と言えば聞こえはよいが、要は酒税法の脱法行為で、今まで容認されていたのがおかしかった。