読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3D6?

雑記。

トランプが任命する最高裁裁判官は?

アメリカ合衆国の大統領選挙でトランプの当選が確定した。
トランプの勝因はさておき、今後の影響を考える。法曹業界にとって大きな関心があるのは、合衆国最高裁判所裁判官の人事。


現在の最高裁は、定数9名の内1名が欠員になっている。この1名をトランプが任命することになる。現職の8名は、おおまかな判断傾向で言うと、保守3名、リベラル4名、中間1名。トランプが保守的な裁判官を選任すると、保守とリベラルの人数が同一になる。
さらに、中間とされるケネディ裁判官は80歳、リベラルとされるギンズバーグ裁判官が83歳、同じくリベラルとされるブライヤー裁判官は78歳。いずれも高齢で、トランプが大統領の内に死亡・退官する可能性が高い。後任はトランプが任命する。
トランプ政権下では、最高裁における保守とリベラルのバランスが保守に大きく傾くのではないか。そうなると、今後十数年は、人権擁護の観点から画期的な判決を期待することができない。