3D6?

雑記。

民進党代表と参議院議員

民進党代表になった蓮舫衆議院への「くら替え」を示唆しているとのこと。
内閣総理大臣の要件は「国会議員」であること(憲法67条1項)であり、参議院議員内閣総理大臣になることは憲法上は可能ではある。とはいえ、任期が短く、任期途中の解散があり得る衆議院の方がその時の民意に近い存在であり、内閣総理大臣衆議院議員であることが望ましいとされている。現行憲法下では参議院議員内閣総理大臣に指名されたことはない。
二重国籍」問題の影に隠れてあまり騒がれていないが、次期内閣総理大臣候補である野党第一党党首が参議院議員であることは与党からするとツッコミどころだろう。