3D6?

雑記。

司法書士は1000万円超の滞納家賃を請求できるのか?

私は見ていなかったのだけれど、先日の「ハンゲキ」というテレビ番組で、1000万円超の滞納家賃を賃借人に請求する案件で、賃貸人側は司法書士が対応していたとのこと。それは弁護士法違反なのではと思ったのだけれど、よくよく考えると、建物明渡請求では滞納家賃の請求が附帯請求になるので、建物明渡請求の訴額が140万円以下であれば、滞納家賃の金額が140万円を超えていても認定司法書士の権限内になるのか。建物はボロだったようなので、建物の固定資産税額が280万円を超えていなかったのだろう。なお、滞納家賃の取立だけを受任すると、訴額が140万円を超えてしまい、認定司法書士の権限外になる。
しかし、法律ではそういうことになるといっても、業務の内容が増えると権限内になるというのは、何か釈然としないな。