読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3D6?

雑記。

安保法制の違憲訴訟を提起できるのか

違憲訴訟を準備しているということだけれど、どのような法的構成で提起するのだろう。
自衛隊イラク派兵差止訴訟では、自衛隊イラク派遣が人格権等を侵害していると構成することで、具体的な争訟にはなった。安保法制が成立しても、(将来的にはともかく)当面の間は法律が適用されるような事態が予想されない。法律成立後に直ちに差止訴訟を提起しても、具体的な争訟とはいえない。
平成14年旧司法試験論文試験の問題のように、「自衛隊憲法第9条に違反する無効な存在であるとして、国に対して、自己の納税分中自衛隊に支出した額の返還を請求する訴え」という構成であれば、具体的な争訟とはいえる。でも、自衛隊そのものの合憲性と今回の安保法制の合憲性では、議論の対象が異なってくる。
法的構成がすぐには思いつかない。