3D6?

雑記。

book

JコミFANディング夜麻みゆきセット

JコミFANディング夜麻みゆきセットがダウンロードできるようになったとのメールが届いた。申込んだのが2013年12月なので、半ば忘れていた。第3回JコミFANディングの申込者全員を一気にダウンロードさせるとサーバーがもたないという理由で、ダウンロードの順…

蔵書電子化の道のり(6)-裁断機を導入する

2013年2月にAmazonでPK-513LNを購入した。事務所に届くと、その大きさに圧倒された。事前にサイズを調べて、事務所の作業台の上に収まるということは確認していたとはいえ、実物を目に前にするとイメージよりも一回りも二回りも大きく感じた。事務所の作業台…

蔵書電子化の道のり(5)-BOOKSCANだけという訳にはいかない

BOOKSCANのサービス内容には特に不満はない。でも、BOOKSCANで手持ちの本をすべてデータ化できるかというと、そういう訳にはいかない。 BOOKSCANでは、本をスキャンするにあたり、著作権者からの同意を得ていることを前提にしている。著作権者がスキャンに反…

蔵書電子化の道のり(4)-BOOKSCANを活用する

BOOKSCANプレミアム会員になり、程なくして、Amazonに注文した本を直接BOOKSCANに送るようになった。 設定は、オンライン書店の配送先をBOOKSCANに指定するだけ。後は待っているだけで、AmazonからBOOKCANに本が配達され、受け取ったBOOKSCANで本のデータが…

蔵書電子化の道のり(3)-BOOKSCANプレミアム会員になる

「自炊」が大変ということがわかったので、今度は自炊代行業者を試してみることにした。 ネットで評判を見ると、老舗のBOOKSCANがよさそう。しかし、BOOKSCANに注文すると、納期が約2か月後。いくら何でも遅すぎる。 プレミアム会員に登録すると、納期は1…

蔵書電子化の道のり(2)

まずは「自炊」を試みた。 蔵書に先駆けて、仕事上の書類は以前からデータ化を進めており。ScanSnapS1500は持っていた。スキャナはあるのだから、本をバラして読み込めばよい。とりあえず手近なコミックを数冊、カッターナイフ(普通にコンビニで売っている…

蔵書電子化の道のり

2012年秋から蔵書を電子データに移行している。 きっかけは度重なる引越し。2006年4月から2012年夏までの間、仕事とプライベートの関係で合計8回転居した(さらに、2012年10月にも転居した。)。引越をする度に、部屋に積み重ねられている本や雑誌に頭を悩ま…