読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3D6?

雑記。

8歳の娘と「ドミニオン」(1/28)

boardgame diary

ボードゲームについて調べていたら、「ドミニオン」の対象年齢が「8歳以上」であることに気づく。先日8歳の誕生日を迎えた娘も対象年齢に入るのか。
というわけで、娘と2人で「ドミニオン」をやってみることにした。プレイ前にルールを説明。基本ルールは簡単なので、問題なく理解してもらえた。その後にアクションカードの説明をする。ここは少し複雑なので理解してもらえるのか心配だったけれど、アクションカードのテキストを私が読み上げれば内容は頭に入っているようだった。ところが、「この漢字は習っていない」とアクションカードのテキストを自力で読むことができなかった。思わぬ障害だ。ポケモンTCG遊戯王TCGのように、テキストの漢字にふりがながふってあればよかったのに。
初回ということもあり、双方が手札をオープンにして、アクションカードは逐一私が口頭で説明することにした。基本セットではアクション・リアクションのアクションカードが少ないので、これはこれで何とかゲームになる。通常よりも時間がかかったけれど、最後までプレイすることができた。娘は、アクションカード3枚からなるコンボを成立させて喜んでいたし、プレイしているうちに、無闇にアクションカードを揃えるよりも、まずは銀貨・金貨を購入するべきだということにほぼ自力で気がついていた。
娘の感想は、「おもしろいけれど、何度もシャフルするのが大変」とのこと。もう少し漢字を読めるようになるまでは、お家では封印かな。

ドミニオン 日本語版

ドミニオン 日本語版

謹賀新年

diary

今年もよろしくお願いします。
2017年はもうちょっとブログの更新頻度をあげていくつもり。

「ポッピンQ」(12/30)

anime

東映アニメーションのオリジナル劇場アニメ「ポッピンQ」を見てきた。娘も関心を示してくれたので、家族同伴。
www.popin-q.com
おもしろかったー。娘と妻もおもしろがっていた。
思っていたよりもプリキュアしていて、東映らしい良作だった。歴代プリキュアで培われたダンスCGの技術がうまく使われていたな。
今後のシリーズ展開を意識した作りになっているのだけれど、商業的には苦戦しているようなので、ちゃんと続編が作られるのか心配だ。
今だとYouTubeで冒頭の約17分間を視聴できる。

劇場アニメ『ポッピンQ』本編冒頭映像

「弁護士 コミック」

ふとKindleで「弁護士 コミック」で検索したら、『弁護士のくず』や『島根の弁護士』をさしおいて、『弁護士カレシ』『弁護士の言葉責め。~ほら、どんどん溢れてくる』『傲慢弁護士と恋のバトル』『富豪弁護士は赤毛がお好き/ご主人様と恋の契約』『イジワル弁護士の甘い調教』『敏腕弁護士はお熱いのがお好き 』『愛欲法廷~ドS弁護士との蜜月契約~ 』『絶倫弁護士の夜の顔~ご利用は計画的に』というタイトルが並び、のけぞった。